広がりつつある女性向けの復職支援サービス


医師の転職に最適な復職支援サービスとは

 

女性の医師の転職や復職では、ブランクが足かせとなり、中々転職・復職先が見つからない場合もあります。
結果的に転職などを失敗してしまう方もいますが、ブランクがある方に最適な選択肢が復職支援サービスです。

復職支援サービスについて

『東京女子医科大学の女性医師再教育センター』や『岡山医科大学病院』、その他各都道府県にある『赤十字病院』などが提供しています。
支援内容は様々で、例えば女性医師再教育センターは相談窓口などを設けていたり、東京女子医科大学は個人面接やフォローアップなどを実施しています。

他にも女性医師セミナーや復職研修、保育に関する相談窓口など、女性医師の転職・復職支援に剥けた取り組みが特徴です。
自治体が窓口になっている場合も考えられますので、各種復職支援サービスを利用したい方は、お住まいの自治体へ問い合わせてみましょう。

転職・復職先の斡旋も行っている

 

このような復職支援サービスでは、単に各種相談や研修・セミナーを行っているわけではありません。
窓口となって転職先や復職先の斡旋をしている場合もあります。
自身のライフスタイルに合わせた転職・復職先を紹介してもらえるため、大きな魅力と言えるでしょう。

例えば

日本赤十字社や恩賜財団済生会などでは、都道府県内外にこだわらない方向けの復職支援を行っています。
全国の病院ネットワークを駆使した支援が特徴ですので、希望条件に沿った復職先を探したい時は相談してみると良いでしょう。

女性医師が働きやすい環境づくりが進む

 

女性医師が転職や復職をするにあたって、離職後のブランクや家庭と仕事の両立が大きな障害となります。
これらが影響し、希望に見合った条件の求人が見つからなかったり、採用を断られたりする場合もあります。
しかし、現在は復職・転職をフォローする各種支援サービスが整っており、女性でも復職しやすい環境が整備されています。

また、医療機関が率先し、女性医師が働きやすい環境づくりに取り組んでいる場合もあります。
復職研修やブランクがある方向けの募集を行っていること珍しくはありません。
前述の復職支援サービスと合わせて利用すれば、転職を成功へと導けるでしょう。

ただし、復職支援サービスの有無や支援体制は各自治体により異なります。
一度お住まいの自治体の制度をチェックするか、転職エージェントやコンサルタントに相談をしてみると良いでしょう。