女性医師の復職・転職におすすめの診療科


ライフワークバランスを取りやすい皮膚科

 

医師の転職や復職では、どの診療科を選ぶかによって自身のライフスタイルも変化します。
特にライフワークバランスを重視する方には皮膚科が最適です。

皮膚科のメリット

夜勤が無い点にあります。
通常は日勤のみで済むため、子供がいる方でも働きやすいのが魅力でしょう。
土日や休日に呼び出しを命ぜられることも稀で、常勤の場合でも平日勤務が主流です。
仕事も家庭どちらも頑張りたい方には最適な診療科と言えます。

女性医師の比率が高い眼科

 

午前または午後のみなど、短時間でも働ける診療科が眼科です。
家庭や育児との両立も難しくないことから、女性医師の比率も高くなっています。

眼科のメリット

主な業務は一般外来の診察や健診、視力検査など多岐に渡ります。
しかし、診療時間を午前または午後だけに限定している医療機関もあり、皮膚科と同様にライフワークバランスを取りやすいのが強みです。
パートタイムで働ける求人もあるため、特に育児中の方に適した転職・復職候補でしょう。

女性医師も活躍している麻酔科

 

麻酔科は、手術時の麻酔の管理や重症患者の麻酔を行う診療科です。
女性も働きやすい診療科も一つであり、他の科と同様に家庭や育児とのバランスを取りやすいのが魅力です。

麻酔科のメリット

麻酔科は休日出勤や夜間当直なども非常に稀で、通常は手術を実施する時間帯でもある午前~午後の日勤となります。
常勤・非常勤いずれもライフワークバランスが取りやすく、休暇中に呼び出しされることもありません。
オンとオフを切り替えやすい診療科の一つと言えるでしょう。

臨床検査専門医も検討を

 

臨床検査専門医は、検査データの管理や診断、分析などの業務を担う医師です。
他の技師と連携して日々検査データの診断を行い、患者の検査データや状態を管理が主な役割で、各種臨床検査に特化しています。
時には臨床研究や学生の実習を実施するなど、一般的な医師とは異なる業務も担います。

臨床検査専門医のメリット

臨床検査専門医は当職や病棟業務に携わることが滅多に無く、ライフワークバランスを取りやすい点が強みです。
自身のライフスタイルやペースに合わせて働ける点も魅力で、臨床検査のスペシャリストであることからキャリアアップも望めます。

このように、皮膚科や眼科、麻酔科など、女性医師の転職などに適した診療科は様々です。
検査業務や研究業務に興味があるなら検討の余地があるでしょう。