女性医師の求人の探し方


知人の紹介を利用する

 

医師の転職で最も重要になるものが求人探しです。
自分に見合った求人を探さなければいけませんが、どのような手段で求人を見つけるかが重要です。

もし知人に医療関係者がいるなら、知人に紹介してもらう手段もあります。
必ずしも希望条件に合致するとは限りませんが、自分で求人を探さずに済み、知人の紹介のため条件交渉しやすい点が利点となります。
知人の勤め先などで人手が不足していないか聞いてみるのも良いでしょう。

求人サイト・転職サイトへの登録・利用を行う

 

現在は医師もインターネットで転職活動が可能であり、求人サイトに登録して病院を探す方法がポピュラーです。
これらのサイトは無料で利用できるうえ、非公開求人を紹介してもらえたりオファーをもらえたりする場合もあります。
パソコンはもちろん、スマートフォンを利用すれば、いつでも求人を探せる点が強みです。

ただし、通常の求人・転職サイトは様々な業種の求人を掲載しています。
サイトによっては医師の求人が非常に少ない可能性もあります。
医師の求人のみに絞り込みたい時は、医療系に特化したサイトへの登録や利用が必要でしょう。

人材紹介のサービス・転職エージェントを活用する

 

人材紹介サービスや転職エージェントの活用も良いでしょう。
1人で転職・復職活動をすることに抵抗がある場合や、希望条件に合致した職場を探したい方に適しています。
いずれも無料で利用できるのが強みであり、複数のサービスを掛け持ちして転職活動を行う方もいます。

転職エージェントなどでは、キャリアコンサルタントが過去の経歴やスキル、希望勤務条件にマッチした求人を紹介してくれます。
また、医療機関に掛け合って給与や勤務時間・日数などの交渉も行ってくれるため、自身で活動をするよりも転職・復職しやすい場合もあります。

求人探しの軸を定めること

 

女性医師の求人は様々な方法で探せます。
知人からの紹介、求人サイトや人材紹介など、幅広い手段がありますので、自分に適した方法を見つけてみましょう。

ただし、求人を探す時は軸を定めることが大切です。
求人を見つけるために手を広げすぎると、逆に転職・復職活動期間が長引いたり、失敗したりする可能性が高まります。
求人サイトや人材紹介・転職エージェントを軸にして求人を探し、他のサービスなどは補完的な利用に留めるなどの工夫が必要です。