女性医師が転職・復職の際に抱える悩みとは


最も多い悩みは仕事と家庭の両立

出産や育児などの離職理由で仕事を離れる女性医師は少なくありません。
しかし、転職・復職しようとしても中々上手くいかず、諦めざるを得ない方も中にはいます。
医師の転職や復職で最も多い悩みが、医師の仕事と家庭の両立です。

医師の仕事は夜勤などもあり、仕事に付きっきりになることも珍しくはありません。
特に女性の場合、プライベートでは家事と育児をこなさなければならず、いかに両立させるか悩む方も多いのです。
育児休暇のある職場も少なくありませんが、育休後は両立が難しくなる側面があります。
夫と家事や育児を分担する方法も考えられますが、限界があるため妥協点を見つける必要が出てしまうのです。

子供が病気でも中々休めない悩みも

子供が急に熱を出してしまうなど、子供の病気で仕事を休まざるをえない状況はよくあります。
しかし、医師の仕事は手術や休日出勤に対応する必要があり、急な呼び出しもあるなど休みを取りづらいのが実情です。

転職や復職の際、こうした悩みを抱える方も少なくはありません。
医師の仕事は家庭との両立が難しいですが、特に子供が病気になった時どのように対応するかが問題となります。

ブランクができてしまう

ブランクに悩む方もいます。
女性医師の場合、育児などで数年間のブランクができることも珍しくはありません。
しかし、いざ復職してもなかなかカンが戻らず、以前のように働くことが難しかったり、キャリアを諦めたりする方も中にはいます。
転職や復職を希望する方は、このようなブランクを埋める手段を検討する必要が出てくるでしょう。

非常勤や研修制度がある求人を狙う

  • 仕事と家庭の両立が難しい
  • 休暇が取りづらい
  • ブランクができる

…など、医師の転職や復職は様々な問題を解決する必要があります。
確かにこれらの問題は解決が難しい場合も多いですが、条件に沿った求人を探せば解決への糸口も見つかるでしょう。

例えば

非常勤の求人を探したり、午前あるいは午後のみ勤務の求人を探したりする方法があります。
他にも復職プログラム・研修の充実した職場を狙うなど、転職や復職に向けたフォロー体制の整った求人を探すことが大切です。

女性医師が求人へ応募する際は勤務条件をしっかり確認するとともに、自分に適した条件か判断しましょう。
休暇や勤務時間に関して交渉をすることも重要です。
見つからない時は転職エージェントを利用したり、キャリアコンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

女性医師の転職・復職を成功させるためには

勤務日数・勤務時間を相談する

女性医師が転職を成功させるなら、まず気を付けておきたいのが1週間あたりの勤務日数と勤務時間です。
医師の勤務体制は常勤と非常勤で異なりますが、週何日出勤で何時間勤務となるのかを確認しましょう。

勤務時間などは自身のライフスタイルに合わせることが大切です。
仕事と家庭・育児を両立させたい方は、特に重視しましょう。
場合によっては面接時に交渉・相談することをおすすめします。

院内保育所のある職場を選ぶ

院内保育所は、病院などの医療機関に併設された保育施設を指します
その医療機関で働く医師・看護師の子供を対象にしており、少しずつ保育所を併設した医療機関が増加しています。
院内保育所を併設する主な目的は、働きやすい環境を作り、人手不足の解消です。

院内保育所のある医療機関で働くメリット

出勤と同時に保育所へ子供を預けられるなど、仕事と育児を両立させやすい点にあります。

例えば

子供の体調が悪い場合でもすぐに駆けつけられます。
家庭や育児で悩みやすい女性医師にとっては魅力の大きいメリットでしょう。

医療機関の特性上、24時間稼働している場合もあります。
もし夜勤があっても子供を預けられるため、仕事に集中しやすい環境が整っています。

仕事と家庭の両立ができず、転職や復職を諦める方も少なくありません。
しかし、このような院内保育所を併設した医療機関を選べば、子供がいる方でも働きやすいでしょう。

復職支援サービスが成功への近道

医師の転職ではブランクに悩む方も少なくありません。
もし離職から時間が経ってしまった方は、復職支援サービスの利用を検討してみましょう。

このサービスは、ブランクがある方を対象とした教育・研修制度です。
日本医師会や各自治体にある医療機関が実施しており、復職に向けての再研修や、転職する際の各種支援サービスを提供しています。
ブランクが気になる方はもちろん、転職後のキャリアアップを見据えている方も、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

復職支援サービスでは、主にヒアリングをもとにした研修プログラムの作成や、研修場所の提供や復職・転職先の紹介・斡旋を行っています。
医師は一度離職すると復職・転職が難しいと言われていますが、特にブランクがある方はなおさらです。
このような支援サービスを利用すれば、復職や転職への道筋も見えてくるでしょう。

女性医師の働き方について

ゆかり先生

最近、仕事のことで悩んでいます。
これから結婚や出産、子育てなどを視野に入れた時、医師として働き続けることができるのかがとても不安です。

ミキ先生

私も、ゆかり先生と同じような不安を抱いていた一人です。
実際に結婚や出産、子育ても経験しましたが、今こうして医師として働くことができています。

ゆかり先生

ミキ先生は、その不安とどう向き合い、結婚後の仕事と家庭をどう両立してきたのでしょうか。

ミキ先生

私の場合、結婚前は男性医師と同様に大学病院で日々激務に追われていました。
結婚を機に行動に出たのですが、それが”転職”です。

ゆかり先生

仕事そのものを辞めるのではなく、”転職”という選択をしたのですね。

ミキ先生

はい。
結婚後のこと、それこそ妊娠や出産を考えれば、早めに職場を変えるのがベストだと考えました。

転職エージェントに相談し、女性医師が多く、女医の妊娠や出産に寛容且つサポート体制の整っている病院を紹介してもらうことができたので、出産後はすぐに復帰でき、今に至ります。

今の時代、女性医師が結婚・出産・育児を経て復職できる支援サービスも色々あるんですよ。

ゆかり先生

転職によってそうした環境を手に入れることができれば精神的な安定も確保されますし、私たち女性医師にとっては確かに有益であるように感じます。

ミキ先生

女医の働き方は、その環境や立場により大きな制限を受けます。
転職はその制限を緩和したり、あるいは根本的に見直すいい機会であり最良の手段。
実際に私の友人にも、結婚や妊娠を機に転職した女性医師が何人かいますが、みんな転職によって働きやすくなった、楽な働き方ができるようになったと言っています。

ゆかり先生

女性医師も自分から動き出して、自分自身に合った働き方をすべきなんですね。

ミキ先生

そう、その意識を持つことがとても大切。
例えば、当直のない医療施設へと転職するのもいいですし、週に4日の勤務にとどめるのもいいかもしれません。
先ほどの私の友人には、家庭との両立を図るために非正規雇用という働き方を選んだ女性医師もいます。

診療所を選択すれば、勤務時間を抑えた上で収入を上げることもできるでしょう。
今の時代、働き方は幅広くなり自由に選択できるようになっているわけですから、それをわざわざ避ける必要はありませんよね。

ゆかり先生

確かにそうですね。
より自身に合った働き方や職場を探すには、やはり転職エージェントの利用が不可欠でしょうか。

ミキ先生

そう思います。
求人に書かれていることはその医療施設の側面でしかありません。
全体像や内面までを熟知しているエージェントスタッフに相談することは、女性医師が今後の働き方を考える上で欠かせない過程となるでしょう。

ゆかり先生

私も悩んでばかりいるのではなく、そうしたプロフェッショナルに相談をし、今後のことを前向きに考えていきます。

ミキ先生

是非そうしてください。
女性医師のニーズは高まりを見せていますから、きっとベストな選択が見つかるはずです!